生理の時でもvライン脱毛が可能なのか

最近は、脱毛サロンなどで全身脱毛を受ける人も増えています。中でもvioラインは、特に人気の施術で、vラインをツルツルにするハイジーナなども人気となっています。

ただ、生理中いは、vライン脱毛はおすすめできません。もちろん、vラインだけではなく、iラインやoラインといったデリケートゾーンは、禁止というサロンがほとんどです。これは、ホルモンバランスの影響があり、ホルモンバランスが乱れて、いつもより肌が敏感になっているためで、少しの刺激でも炎症を引き起こしてしまうこともあります。

また、生理中に脱毛の施術を受けると、痛みを強く感じやすくなりますから、腕や脚などのデリケートゾーン以外の脱毛も、基本的にはおすすめできませんし、生理前や後もホルモンバランスに変化がありますから、できれば避けた方がよいでしょう。ただ、生理前や後も避けようと思うと、期間が限定されてしまいますから、スキンケアをきちんと行って対策をとることが大事です。

一般的に、vラインの処理は、紙パンツをはいておこないますが、ナプキンやタンポンを使って施術をすることはできませんから、予約日になってしまった場合には、日にちを変更してもらいましょう。大手のサロンでは、予約日に生理になったからといって、キャンセル料をとることはなく、早めにキャンセルの連絡をいれ、予約日を変更することができます。人気のあるサロンは、キャンセル待ちの人もいますから、早めに連絡してあげましょう。